レベルアップが加速する! オーシャンズスクール ラボ 情報サイト

日本フットーボールの発展を動画でサポートするサイト「オーシャンズスクールラボ」の情報発信サイト。サッカー・フットサルスキル向上の為の指導者向け、選手向け、親子向けの指導メニュー及び動画コンテンツを発信。サッカーコーチ(指導者)が参考にできるオリジナル練習メニューも多数掲載。

コラム クラブW杯2016

2016年12月21日

コラム

レアルマドリード対鹿島アントラーズについて感じたことを育成指導者目線で振り返りたいと思います。

 

金崎最後まで走れていましたし、鹿島の選手で足を攣る人がいなかったのはすごい事だと思います。

世界レベルのチームと日本のチームが戦える機会、勝てるんじゃないかと思わせてくれた部分はサッカーファンとしていい体験をできました。

しかし、

このコラムでは未来の日本サッカーの発展を育成年代に落とし込む上で厳しい視点での論調ですので鹿島賞賛を期待しないでください。

 

レアルの注目選手はモドリッチ、マルセロ、イスコ。Cロナは言わずもがなです。調子良くなさそうな日でもハットトリックですから実力が違いますね。

 

マルセロは意外にも無理しないセーフティ重視のプレーでした。でも味方と意思疎通の低いパスが多く、完璧選手ではなかったですね。注目のプレーは、ほぼ足裏トラップだった事です。味方のパスがずれないのもありますが容易に止める技術でもある事を教えてくれました。

イスコは後半登場。足がめっちゃ遅いけどカクカク曲がるドリブルで揺さぶるので主導権を持ってプレーしていました。フットサルのアウトサイドループキックも披露してくれました。

 

 

レアルのすごい所はトラップミスしない所。

モドリッチのプレーでいうと

ボールと一体化しているような自在のボールタッチ。

「受ける」「前向く」が同時にできています。

その原因は、4バックと1ボランチで三角を作ってビルドアップして鹿島の2トップの隙間にボランチが門に顔を出しているので楽々縦パスを受けます。これは4−2鳥かごの理解していればできます。

 

 

 

一方の鹿島はパスの方向を誘導されパスを出させられているので受け手のトラップまでにレアルのプレスが間に合う状況で「パス回ししているつもり」です。

オフザボールの切り替えも遅く、奪った直後に余裕がなく預けるオフザボールの選手もいなく1本しか無いパスコースへ無理やりパスをだして手詰まり。

この試合に限った事ではなく日本選手はスルーパスという滑稽な言葉に縛られて思考停止になっているのか、一発チャンス狙いが多いですが、日本サッカーもレアルのようにパス回しの中で段々と寄せきれない状態を作って前向きのトラップできる状態を狙っていきたいです。

将棋でいうなら一発王手ではなくて、相手の駒、逃げ道を少なくしてじわじわ相手を弱らして首が回らないようにして勝つような戦いがハイレベルのサッカーです。

 

レアルの1点目

レアル1

打たせて取るとかできないレベルです。

この画像の次のプレーで赤丸の選手がヘディングでクリアーするんですが、視野をとって青丸のモドリッチがいる場所を認識して正確に他の場所へクリアーできていれば失点は防げていたかもしれません。

もし確認できていなかったミスであれば守備だから広い視野が必要ないということではいけないことが良く分かるシーンでした。1クリアの大切さ。守備者も先に首を振って状況を確認することを習慣化する必要があります。

 

鹿島柴崎2点目 前半44分勝ち越し点

スクリーンショット 2016-12-21 11.42.49

彼の想定力の賜物だと思います。

レアルに勝つつもりで本気で準備していたのは彼だけだったんじゃないでしょうか。

赤丸の人はなにしてるんですかね。

鹿島は止まってパスを受けようとして見えました。勝負所に戦力(体力)を割くのがいくさでの戦略です。

レアルの守備陣も柴崎が4−1の状況でゴールへ繋げれる力を持っていることを想定していませんでしたし、味方は柴崎がキープでき受けに行ってあげる事も出来ていません。日本のプロでさえ人任せなプレーをするんです。

 

 

延長戦 レアル3点目

狭いところで決めれる決断の早さとその前のつなぎ。

スクリーンショット 2016-12-21 12.14.33のコピー

 

ボールホルダーのベンゼマからのパスをCロナは青丸選手との2メートルの空間で受け2タッチ目でシュートへ持ち込みゴールしました。

Cロナにとって自分についているマークは体を入れれるよう受ければいないも同然です。青丸ももう一人外側のマークをする事で手一杯です。

このパスの時点で赤丸の鹿島の守備は無効化されています。オフサイドラインをさげるわけにもいかず、中に絞って自分の内側のレアルの選手へのパスラインを切っても浮き玉で出されます。

この状況自体がもう手遅れなのです。

 

 

スクリーンショット 2016-12-21 11.45.38のコピー

 

この状況は3手前から始まっています。もっというと4手、5手でしょうか。

赤丸のベンゼマが前向きの青丸の選手から半身で受けて前を向けています。この状態でベンゼマはシュートもあるわけですからレアルはもう後出しジャンケンで勝てちゃうわけです。

 

パスの選択肢があるように回し、スピードあるパスで寄せが間にあわないように出来ている事がボディーブローとなって一瞬の隙をものにしました。

 

鹿島は後半終了間際に数的優位生かせず。数的優位の攻略法を選手自身がわかりきってい無い事が露呈しました。

いつ、何をすると相手は止めようがないのか?

その方法をわかりきっているレベルに持って行き、そこで初めてシンキングスピードを上げれるのです。

先に動き出し指示になるアクションを取れるコミュニケーション能力も必要。

日本ではボールホルダーが味方に対して気を使ったようなパスの出し方が多いです。

「ほしいいのかなぁ」という憶測でパスを出す事が原因です。

自己分析にもとずく判断でここなら大丈夫という自分主体の判断が出来ているか?

味方に要求されて「すぐ出さなきゃ!」と焦る選手は自分(自己判断)がありません。

自己の考えを持たずに周りのせいにしているメンタルが、自分のプレーを邪魔しているのです。

 

 

効果的なオフザボールの絡み方の理解とそれを監督のように選手がわかりきっている状態にする。

90分通してワンチャンスしかない厳しい戦いを想定したシュートテクニックを戦う前から用意周到に準備しているか。

 

日本サッカーは他分野から見ると、事前にやれる準備をやり尽くしていない。

まだまだやれる事ないですかね。

現役選手は監督並みの知識なくて世界に勝てるんですかね。

私なんかよりはるかに上手な選手ではありますが「プロ」として見ると甘い気がします。

 

私はプロを夢見る子供達によく言っています。

君はケーキが毎日食べたいぐらい大好きだとしよう。

プロ選手になるにはケーキを食べる事を10年我慢するくらいの気持ちが必要だよ。

 

禁欲10年。。。きついなぁ(笑)

 

育成コーチ 大島裕樹